2021年は梅雨入りが例年より早く
ちょっとした晴れ間が嬉しい今日この頃です。

今朝もよく雨が降っています。
赤磐ぐんぐんの周りは田んぼが多いので
元気いっぱいのカエルの声が
子どもたちの声に負けず劣らず にぎやかです。


先日保護者の方からこんなお話がありました。

「カエルを外で捕まえて持ち帰るようになって。
 『家の中に持ち込んだらダメ』と伝えておくと
 『分かった!』と言って玄関に置くんだけど
 カエルだから跳び回る。
 ふと見たら見失うし、どこに行ったのやら」

持って帰ってきたものが
お花や小石の時は玄関に置く=正解だけど
生き物を玄関に置いておいたら、、、??
そのあたりのイメージ力ってなかなか難しい!

以前他のお子さんでも
「ダンゴムシ捕まえたのを『すごいね!』って褒めたら
 虫かごに山盛り捕まえてきて。思わず悲鳴ですよ」
などの声もありました。

ちょうどよい・ほどほどって難しいですよね。

保護者の方には
・家の中に持ち込むものルール(個体数)などを
 ハッキリ伝える方が分かりやすいこと
・「ダメ」だけでなく、「〇〇ならいいよ」を
 伝えてあげるといいこと
・本人の立場に立ってみると、以前の経験から
 お母さんに褒めてもらえると思っているかも
などを一緒に整理して考えました。

「言わないけど分かってほしいな」を
「こう伝えたら分かるかな?」というように
私たち側が工夫することで、
子どもと思いが伝わりあえたら素敵ですよね。

いつだって真っすぐな思考がかわいいASDのお子さんたち。
カエルや山盛りダンゴムシは勘弁!ですが
そういう相談しておられるご家族の苦笑いエピソードに
毎日癒される相談タイムです。

今日はどんなお話が聞けるかな?^^

(赤磐ぐんぐんスタッフ:松田)