赤磐ぐんぐんのブログへのリアクション、
いつもありがとうございます♪

「松田先生の文章面白いです」と言っていただけて ニヤニヤしていますが
毎回あまり考えずに書いているので
「よく分からん・・・」となったら 遠慮なく コメントくださいね。笑



今日は「見た方が 分かりやすい」について。

ASDのお子さんは一般的に
耳で聞いて動くことよりも 目で見て動くことの方が理解しやすいです。

いつものパターンとか 普段よく聞き慣れていることであれば
パッと聞いてサッと動くことができることも多いのですが
初めてのことやちょっと苦手なことなどは
聞いただけでどう動いたらいいかをイメージして
こちらの期待値通りに動くことはなかなか難しい。

それは 勉強や課題などだけでなく
身辺自立・自立生活スキルでも 同じことが言えます。

「きれいに」「丁寧に」「ちゃんと」
大人が期待しているような仕上がりにならないことも…。


たとえば歯磨きとかも
「ほら!ここをちゃんと磨いて」
「ここだってば」
「そこはさっきもやったじゃん。もっとこっちも丁寧に」
「力入れすぎだよ!」などなど…。

言われる子どもも 言う親も どっちもへとへとになりますよね。


そんな皆さんに朗報です。

Youtubeの「ぐんぐんのびのびチャンネル」、知っていますか?

きれいに歯磨き(スライド形式)ノーマル - YouTube

ぐんぐんのびのび


先日、赤磐ぐんぐんのお子さんが
「歯磨きの松田先生動画、見てるよ!!」と言ってくれました。

松田動画ではないのですが(解説しているだけ)、
「これを見て、自分で歯磨きできるようになりました」と
お話してくださり、嬉しく思いました。


正しいやり方が分かれば・どうやってやればよいかを理解できれば
正しくありたいのが ASDのお子さんたちの強みでもあります。
だからこそ「見て分かりやすい」形にしてあげる工夫が 大切なんですよね。

逆に言えば
「皆仲良く」「小さい子には優しく」「思いやりを持つ」などなど…
絵にしづらいことって 教えづらいですよね。

そういうことを どう教えていけば良いか。
ご家族と 知恵を絞って考えていきたいと思いますので
一緒に考える機会をいただければ幸いです♪

これからもよろしくお願いします。
  &
せっかくなので、Youtube 覗いてみてくださいね♪笑

(赤磐ぐんぐんスタッフ:松田)