梅雨とはいえ、ここまで 雨が続くと 本当に 色々心配です。

赤磐ぐんぐんのある建物の すぐ前の 農業用水路も 水嵩がどんどん増していき
スタッフたちも「やべー」「帰れるかなー」とか 話していました。(帰れました)


さて、今日のテーマは
「子どもの将来のための情報収集」について です。

赤磐ぐんぐんは 就学前のお子さんたち向けの児童発達支援(療育)です。
つまり、就学を前にしているお子さんたちが多くおられます。

夏になると それぞれの地域の教育委員会主催で
「就学相談会」が開催されるので
年長さんたちは 学校見学に行ったり、発達検査を受けたり、家族会議をしたりと
なかなか多忙な毎日を 過ごしておられます。

療育中にもスタッフに色々相談してくださり、
学校見学に行って感じたことをお話してくださったり
家族と色々話すうちに 迷い道に入り込んだり
お子さんの将来をどう考えていけばいいのか考え込んだりを
お話してくださる方がおられて
「悩ましいよねー!!」と一緒に私たちも うんうん唸ることもあります。

希望してくださる方が多かったので
松田が昨年度講演させていただいた
「小学校に向けての勉強会」の動画を
赤磐ぐんぐん・ぐんぐんぴっぴに 通っておられる方限定で公開しました。

・クラスの種類はどういうものがあるのか
・特別支援教育とは何か?
・グッドスタートとか支援員とかはどういう人なのか?
・就学に向けて準備しておくことは何か?
・先生たちとの連携のために気をつけることはあるか?
・先輩お母さんたちは、何を決め手でクラスを決めたのか?
などなど
様々な情報を ぎゅぎゅぎゅーっと濃縮した内容です。
(一発撮りなので、相当早口だったりも…💦)

視聴くださった方からは
「就学のイメージが持てた」
「就学相談会の前に見ることができて良かった」
「園や学校の先生とお話する時の参考になる」などの 嬉しいご感想をいただきました。


そんな中、松田が感じたことは
「『知らない』『よく分からない』って、実は とても不安なことなんだな」ということです。


お子さんにASDがあると分かって
小学校選びを!となっても
・何を基準に考えていけばいいのか
・いつまでに考えるべきなのか
・そもそもどういうクラスが向いているのか
・知的障害はない特別支援教育ってどういうことなのか…

そういう知らないことや分からないことがあっても
誰にどのタイミングでどうやって聞けばいいか分からないと
お母さんたちの心配ごとや悩みは解消しません。

情報収集って本当に大事。

今の世の中、ネットが進んでいることは良い面も多いですが
逆に情報が多すぎて
本当に必要な情報が 見えにくくなったりもしています。


ASDのお子さんたちが
「具体的でハッキリした情報があることで不安が減る」のと同様に
ご家族にとっても、情報って とても大事なんだなと思います。


そして
小学校選びが終わったら
次は中学選び、高校選び、就職、もしかしたら結婚、子育て…
どんな準備をしたら良いか 迷う気持ちになることでしょう。


「まだ早い」「まだ小さい」「今を楽しんで」と言われても
自分自身の 不安な気持ちが すっきりしないと
楽しめない!というのは 松田の持論でもあります。


赤磐市の自立支援協議会に参加した際に
「高校選びについての情報交換会があるよ」とのお話がありました。

無題

赤磐ぐんぐんの入り口にも掲示しています。

大分先では ありますが
高校生活をイメージした今を 過ごすことには意味があると思うし
この分野は、ここ数年で 目まぐるしく成長しているので
もっともっと ASDのお子さんに向いている高校は 増えてくると思うし
可能性が増えていけたらなぁ…なんて 思ったりもしています。

良かったら、ご参加ください♪


(赤磐ぐんぐん:松田)